ワキ毛が多いわけではないが、その黒ずみに悩まされているという方は少なくありません。

ワキの黒ずみの原因は過度なケアによる肌荒れや、剃り残しによる毛穴のブツブツ、衣服との摩擦が考えられます。

そもそもワキにはリンパ腺が流れており、ワキ毛はそのリンパ腺を保護する役割をもっています。

また、ワキ汗が出やすいといわれるだけあって汗を拡散させる役割を持っていますから、本来ならあまり剃ったりはしない方がいいといわれています。

とはいえ現代の美的感覚が高い女性たちにとってはムダ毛でしかないのでしょうが…。

フランス人の女性を見習って生やしっぱなしというのは、やはり現代人には合わないのですかねぇ。

脇の黒ずみを少しでも軽減したいのならば、一番はセルフケアでなく専門サロンにてプロのスタッフにお任せした方がいいでしょう。

ワキはリンパ腺があるなど重要な役割を果たしている割に敏感で、ダメージをとても受けやすい部分ですからね。

お金がない、時間がないなどどうしても自分で受けるほかないならば、カミソリを使うにしても女性用を使う事をおすすめします。

効力が高いからと男性用の4枚刃などのカミソリを使う方もいると思いますが、これはダメージがとても強くいただけません。

お肌を傷めないよう考えるならば、ぜひ女性用を使うよう心掛けましょう。

また、お肌にはターンオーバーと呼ばれる28日周期の入れ替え日があります。

これに伴い月経期などは肌がとても傷みやすくなりますから、ぜひ避けてのケアをお願いいたします。

この際、制汗剤の成分にも負けやすくなる傾向がありますから、あまり過剰に変更する事はおすすめできません。

もちろん、処理した後は美容液や乳液など、顔の肌と同じようにケアする事。

先もいった通りワキはとてもか弱い肌質なので、こういったケアをするかしないかで後々の結果が大きく変わってきます。

それに、衣服での摩擦を考えるならば、1サイズ上を着てみたり、チュニックなどワキの下に余裕が出来る服を着るといいかもしれません。

どんな季節にせよ、ワキは敏感な部分だと知っておいて欲しいですね。

Comments are closed.